« 鏡開き | トップページ | 3送会 »

選手権県予選

1327962854649.jpg

1327962856831.jpg


曜日に、県武で選手権団体戦の県予選が行われた。
学院女子は連覇を賭けて、宿敵校を難なく倒して決勝へ。
相手は、絶対エースを中堅に据える伝統強豪校。
熱戦が予想された。
先鋒戦、互角のまま引き分け。
中堅戦、粘ったものの最後は惜しくも一本負け。
絶体絶命で大将戦。
勇敢に攻めるも、タイムアップ、引き分け。
連覇はならずも、夏に繋がる試合だった。
夏はリベンジ!

一方男子団体戦。
予想通り二強対決。

共にこの段階で、全国大会の切符は手にしているものの、神奈川チャンプを賭けてのガチンコ対決。

友人の子弟が出場している相模に注目しながらの観戦。
試合は、抜き戦ながら、中堅まで、オール引き分け。
副将戦、試合が動く。
この試合初めてポイントを奪ってリードした桐蔭の選手が、大将戦を意識したのか、残り数秒で、同点に追いつかれてしまい、引き分け。
ここで流れが一気に相模に傾き、大将同士の戦いで決定的なポイントを奪う。

しかし雌雄を争う戦いは、選手に素晴らしいパワーを与えるようだ。
ポイントをリードしている側がビハインドのような戦いぶり。
会場は息詰まる展開にシーン。


しかし最後は凌いで凌いで相模が逃げ切った。
試合終了後は両者に惜しみない拍手の嵐。

素晴らしい試合だった。
柔道の真髄を見せて貰ったような試合でした。

« 鏡開き | トップページ | 3送会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/303953/43931629

この記事へのトラックバック一覧です: 選手権県予選:

« 鏡開き | トップページ | 3送会 »