« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

DVD

DVD
本日、全日本柔道選手権のDVD「激闘の轍」2本を入手した。

自宅の大画面テレビで堪能しよう。

インターハイ予選(個人2日目)

R0016583

R0016589

本日も県武でインターハイの個人予選。

男子5階級が行われた。

学院生は、

-73 2回戦

-81 ベストエイト

-90 1回戦

-100 1回戦

+100 ベストエイト

と緒戦勝ちは収めるものの大活躍する選手はいなかった。

次回に期待したい。

男子5階級は、女子と違って

第1シードがしっかり結果をだしたが、その内訳は

東海2、慶応2、桐蔭1 と慶応の活躍がすごかった。

その昔、慶応と言えば、道衣のズボンの横ライン(現在は禁止だが)が凛々しかったことを覚えている。

今後は文武両道で神奈川の一角を崩しかねない勢いである。

今日も思わぬところで、優勝候補と言われたが選手が、逆転の1本負けをし、会場が沸き返ったシーンがあった。

本当にIHの予選会場には魔物が棲んでいる。

結果的に、運から見放された選手も腐らず精進して欲しい。

2日間、いい試合を存分に堪能できたと思う。

インターハイ予選(個人)

R0016515

R0016530

今日、県武でインターハイ予選(個人)が男子2階級、女子全階級が行われた。

学院各選手の結果は、

男子 -60 2回戦(各階級最高位)

    -66 2回戦

女子 -48 3位

    -52 3位

    -57 3位

    -63 準優勝、3位

    -70 準優勝

    -78 3位

    +78 優勝

であった。

第一シードのエースたちが決勝に進めない事態が続いた。

女子は各階級とも入賞者は出ているものの、IH出場者は1名のみ。

非常に厳しい結果であった。

常々思う。

インターハイの県代表になるのは非常に難しい。

実力+運がなければ、県の王者にはなれない。

春の選手権や関東大会は、実力通りの結果がでることが多い。

ただIHだけは、別物である。

過去に何人もが、不運に涙を流している。

極端な話し、前年にIHの本戦に出場し、優勝した者でも、翌年の予選を通過できないこと

が何度かあった、と記憶している。

ましてそのIHに3年連続で選出される強者はそうはいない。

今回かろうじて学院から出場を果たした選手は3年連続の出場である。

昨年3年連続出場を果たした先輩は、本戦で準優勝している。

それに続いて欲しい。

残すは、1ヶ月先の団体戦。

ぜひ巻き返して欲しい。

娘は3年連続のベスト8止まり。

後は国体とジュニアのみ。

最後にはじけないものか?

 

春季審判講習会

春季審判講習会
春季審判講習会
今日は、神奈川県柔道連盟主催の審判講習会が、学院の道場で行われた。

各地区の先生方が、多数集まり、全柔連の先生の講演を拝聴した。
非常に明確で、解りやすい講演だった。

今後の指導に生かしていきたい、と思った。

久々に中体連の先生方ともお話をし、情報交換をさせて頂いた。

娘たちは、道場が使えなかったことから、横○南中に出稽古に出かけたようだ。

来週はいよいよ最後のインターハイチャレンジ。

ベストを尽くして欲しい。

祝!関東大会出場

祝!関東大会出場
祝!関東大会出場
祝!関東大会出場
今日も引き続き県武で関東大会予選。
午前中女子は危なげなく2連覇を達成。
インターハイに弾みをつけた。

午後は男子。
まずは、ベスト16の戦い。
勝てば関東大会出場、というとても重要な一戦。

相手は強豪武○。
先鋒 幸先よく一本勝ち次鋒 凌いで戦うも技あり負け
中堅 引き分け
副将 まさかの一本負け
絶体絶命の大将戦
攻めて攻めて、見事逆転の一本勝ち。

関東大会出場決定、ベスト8に進出。

準々決勝は横○。
先鋒一本勝ち
次鋒一本負け
中堅一本負け
副将技あり勝ち
またしても、大将戦に逆転の期待をかけるも、最後に一本負け。

残念ながら順位決定戦へ。
一回戦負けて、最終戦。

光●学園と7位をかけての戦いに再度大将戦で逆転勝ち。
7位を確保し、三年ぶりの関東大会出場を決定した。

学院男女が一体になって勝ち得た貴重な出場権だった。

本大会での活躍を期待したい。

関東大会予選(男子団体)

関東大会予選(男子団体)
今日は県武で、関東大会男子団体予選(1日目)が行われた。
学院男子は、一回戦の法○二に挑む。
軽量級、重量級共にソツなく戦い3-0で二回戦へ。
二回戦は強豪秦●総合。ここを勝ち抜くと、ベスト16で明日に繋がる大事な一戦。
前三人の軽量級は、奮戦するも0-2のビハインドで副将戦へ。
勝ち上がって行くには、2者連続の一本勝ちしかない苦しい展開。
しかし副将は試合序盤で値千金の一本勝ち。
さあ、大将戦に期待。
押し気味に試合を進める中、両校の応援団のボルテージが、最高潮を迎えた瞬間、見事な逆転の一本勝ち。

首の皮一枚で明日に期待を繋げた。

さあ、明日は後一つ勝って三年ぶりの関東大会出場を果たして欲しい。


女子も午前中に連覇をかけた熱い戦いを期待する。

明日が楽しみだ。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »