« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

合同練習会( 斎信館)

先週に引き続き今週の土曜日も、斎信館で数校合同の練習会を行った。
先週は仕事の都合で行けなかったが、今週はばっちり練習に参加した。
本日の練習には、横浜市内の●正中と◎鳥中、鎌倉市内の玉○中が来てくれた。各校とも、熱心な指導者及び顧問が、それぞれの生徒に対する熱い檄を飛ばし、練習の合間合間には、絞め技の講習、引き手の切り方等の実践指導もあり、豊富なメニューを精力的にこなしていた。
さらに春から港○中に入学・柔道部に入部予定の六年生も数名が参加し、先輩たちとやりあっていた。
来週は一年生大会。
一年生の実力の県下レベルを図る上で、貴重な大会である。
一つでも得るもののある大会であって欲しいものだ。頑張れ港○中柔道部!


スポーツ少年団柔道大会

スポーツ少年団柔道大会
スポーツ少年団柔道大会
昨日の連休最終日、県武で、スポーツ少年団に加盟している道場の柔道大会が行なわれた。
我が港○中柔道部からは、三年生の×山と二年生の我が娘が、個人戦に参戦した。
この時期三年生は、引退して受験勉強中で練習量、気合い乗り共に控え目で、余り見応えがなく、×山もあっさり二回戦で敗退した。しかし二年生は違う。
スポーツ少年団加盟の道場という制約から、有力選手が全員参加している訳ではないが、各階級の県チャンピオンや上位入賞者も複数エントリーし、無差別のトーナメントで白熱した試合が行われた。
結果はやはり重量級同士の戦いで県上位入賞者が優勝した。
我が娘も中学二・三年生女子の部で戦った。
一回戦は、いきなり超級の三年生。
動き回って相手に何もさせず、判定勝ち。
二回戦は不戦勝。
三回戦は県大会でも対戦した同階級の二年生だったが、絞め技で快勝。
準決勝も軽量の二年生との対戦。
逃げる相手を攻め続け判定勝ち。
いよいよ決勝。
相手は中量級の二年生。
初対決なるも、夏の団体戦では当たる可能性が高い選手。
どんな戦いをするか注目すると、それなりに攻めて、相手の寝技をかわし、優勢勝ち。
無差別で初めて優勝した。この勢いを夏に繋げて行こう。
頑張れ港○中柔道部!

千寿杯(結果)

千寿杯(結果)

試合の結果は、Aチームが3勝1敗のリーグ戦2位で決勝トーナメント。
トーナメントは初戦敗退の3位。
Bチームはリーグ戦2勝2敗のに2位で惜しくも敗退した。
個々の選手には、今の自分に足らないものを教え、改めての努力を誓った。
さあ、また練習に汗を流して頑張ろう。
頑張れ港○中柔道部!

千寿杯

千寿杯
今日は東京武道館で千寿杯に2年男子2チームが参加します。
朝7時に集合して、綾瀬を目指しています。
試合はAチームがリーグ戦2位抜けで決勝トーナメント。
Bチームが1位抜けで決勝トーナメント。
共に決勝トーナメント進出を目指し、これから決戦です。

県新人戦( 団体)

県新人戦(<br />
 団体)
県新人戦(<br />
 団体)
県新人戦(<br />
 団体)
雪の中、鎌倉武道館で男女団体戦が行われた。   結果は共に五位入賞。
言い換えればブロック決勝に進んだものの、強豪に力及ばず破れたことを示すものでもある。
特に女子のブロック決勝は宿敵六○橋中であり、市大会でも県大会でも、上位に進めば必ず対戦しなければならない相手であり、メンバーを入れ換えて出てくる等、研究されている感があり、上手くかわされてしまった。
選手の意識改革を含め、立て直して行こう。
男子は相◎中相手に、臆することなく、よく動き気迫溢れる試合態度で、会場を沸かすも、結局は全員が力負けしてしまった。
この差を夏までには縮めて一泡吹かせたいものだ。
収穫のある1日だった。
明日からもこつこつ努力して行こう。
頑張れ港○中柔道部!

願掛け

願掛け
いよいよ明日は、県新人戦男女団体戦だ。
組み合わせをみると、
男子が順調に勝ち進めば、準決勝進出を賭けて、昨年のチャンピオン相○中と対戦。
女子も順調に進めば、やはり準決勝進出を賭けて、宿敵六◎中戦。
どちらも相手にとって不足なし。
市大会及び県大会の個人戦を通じて判明している欠点をいかに修正して、実力を発揮するか、である。
夏に繋がる試合をして欲しいものだ。  
写真はボージョボー人形に『力(パワー)』の願掛けをしたところです。
効果があればいいなぁ。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »