« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

合宿【道場編】3日目

P10100621

いよいよ合宿も最終日になりました。
練習も午前中のみですが、恒例の部内対抗戦。
熱戦が繰り広げられた。
今回の合宿は事故や怪我、病気もなく順調にこなすことが、出来ました。
小学生中心の練習でしたが中学生も普段出来ない悪いクセの修正等が出来たので有意義なものであったと思う。
この経験を明日からの稽古に生かして欲しい。

2日目の午後

2日目の午後
午後は立ち技中心。
打ち込みを念入りに行い、引き手、吊り手の持ち手の確認と修正を行った。
そして目的意識を持った乱取りを約2時間続けた。
指導員の熱の入った指導もヒートアップし、まさしく暑い稽古を行った。
皆よく頑張りました。
明日は最終日です。
緊張の糸を切らずに頑張ろう!

寝技

寝技
午前中はみっちり、寝技の練習。
基本動作に技の研究。
いい汗かきました。
午後も頑張ろう!

合宿【道場編】2日目

合宿【道場編】2日目
合宿2日目の朝。快晴。
恒例の湖畔までのランニング。
皆眠い目をこすりながら、走っている。
今日は午前、午後の2部練。
みっちり鍛えよう。

合宿1日目終了

合宿1日目終了
宿に着き、道場の準備をし、早速午後の練習をスタート。
涼しい気候の中で、基本訓練をみっちりやり、その後はしばし技の講習及び研究。
普段の稽古では、時間が足らず、泣く泣く割愛していたメニューを十分に行えた。
合宿ならではのことで、参加者はいい勉強になったのではないでしょうか。
最後は乱取りの基立ち稽古を十分に行い、午後5時に稽古終了。
充実の半日でした。
学校の練習をパスして合宿に来ている中学生も、かなり気合いが入っていて良かったのではないでしょうか。
明日もこの環境の中で、充実した稽古が出来ると思うので、明日の踏ん張りに期待しよう。

合宿【道場編】

合宿【道場編】
今週は学校での基本訓練中心の練習が続いている。
しかし今日から2泊3日の日程で柔道部生徒が多数所属する南◎錬成会の強化合宿が、港○中柔道部と同じ河口湖畔で行われるので、1、2年生7名を引き連れて、合宿に帯同している。気候もよく、指導陣も充実しているこの合宿で実力を養成して欲しいものだ。
不参加、残留組も手を抜かず頑張って欲しい。

新体制スタート

新体制スタート
夏休みも終わり、練習が再開した。
三年生が抜けた後を埋めるべく、各人が自覚を持って一年間取り組んで欲しいものだ。
奇しくも今日から山形で全中が開催される。
神奈川県は相○中が団体個人共に独占状態である。
来年は、その牙城の一角でも崩して出場したいものである。
打倒相○中!
君達の目標は明確だ。
一年間この目標に向けて力戦奮闘しよう。
頑張れ!港○中柔道部!

さぁ!夏休み

さぁ!夏休み
強化合宿、関東大会と続いたハードな一週間が終わりました。
今日は夏休み前の最後の練習を学校で行った。
二年生主流の練習にスタート時一瞬違和感を感じたが、二年生のやる気は合宿から継続しており、いい感じで、束の間の休みに入って行けそうだ。
休み明けには校内戦を行い、秋の第一戦柏葉杯のメンバー決めをするそうです。さぁ一息入れて夏休み後半に備えよう。

関東大会を終えて

関東大会を終えて
関東大会を終え、帰路についた。
港○中柔道部3年生の暑い夏の戦いは終わった。
そして引退。
ご苦労様でした。
今年の3年生は男女ともよく努力したと思います。結果として女子団体は、念願の関東大会に出場、男子も県大会で五位。関東大会には、個人戦にキャプテンが出場。最近にない結果をあげた先輩達の伝統を二年生達が引き継いで、行かなければならない。
二年生男子は全体の底上げをし、県で五本の指に入ることをまず目指し、女子は県内で頂点を取って、個人、団体とも全国大会出場を目標に、意識を高く、高レベルの練習をこなして行こう。
君達は強い。
自分の力を信じて邁進しよう。
頑張れ!港○中柔道部!

44キロ級準々決勝

44キロ級準々決勝
ベスト4をかけ、相手は埼玉東松◎南中の犬×選手。春に団体戦で対戦し、辛くも引き分けた相手。
今日はキッチリ勝負をつけよう。
試合が始まった。

しかし結果はあっというまに抑えられ完敗。
関東5位という成績でユ×の夏は終わった。いい勉強でした。
次は勝とう!

90㌔超級二回戦

90超二回戦
×山選手の二回戦。相手は埼●栄中。
払い腰を二回もらい、優勢負け。
残念。

44キロ級一回戦

いよいよユ×。
相手は山梨竜●中。
粘って旗三本勝ち。ベスト8進出。
次も頑張れ!

90㌔超級一回戦

90超一回戦
×山選手の一回戦。相手は千葉勝浦●中。
払いごし一本勝ち。

関東中学校柔道大会個人戦

関東中学校柔道大会個人戦
大会二日目。個人戦がおこなわれる。
埼玉県内は朝から猛暑。
どんな戦いがおこなわれるか、楽しみである。
我が港○中柔道部からは、90超の×山キャプテン、44キロの坂×選手の二名が出場、どこまで通用するか楽しみである。
二人とも頑張れ!

あとは明日

あとは明日
男女団体戦が終わった。
男子は本命相原、女子は予想とおり東松山南が優勝した。あとは明日の個人戦だ。こんな素晴らしい会場で試合が出来る選手が羨ましい。

惜敗!

惜敗!
女子団体戦。相手は東京代表藤●女子。
先鋒×野。互角の勝負になるも、一瞬の隙をつかれ一本負け。
中堅×澤。互いに譲らず時間切れ引き分け。
大将×笹。攻めこまれて抑えられて無念の一本負け。結果2対0で負け、関東を終わりました。
力負けはしていなかったのだが、、、。
この悔しさを来年に生かそう。
大応援団ありがとうございました。

まもなく開会式

まもなく開会式
いよいよ始まります

関東中学生柔道大会団体戦

関東中学生柔道大会団体戦
とうとう大会当日を迎えました。
今日は男女団体戦です。選手達はすでに前日から埼玉入りをしていますが、私達応援団は、朝学校に集合し、生徒保護者40数名が、バスで現地入りの予定です。選手の応援はモチロンのこと、応援生徒は大会の雰囲気を肌で感じ、来年は自分がその舞台に上がるんだ、という強い気持ちを持ってもらうために、わざわざバスをチャーターして行くことを理解して欲しい。
あとは選手の奮闘を祈るのみ。

関東大会前日

関東大会前日
いよいよ関東大会に向けて、選手は埼玉に出発。
前日計量のため、会場入りした。
選手達は会場の素晴らしさと他県の選手の雰囲気に圧倒されることなく、最善を尽して欲しい。
いよいよ決戦は明日!
PS我が娘も無事計量クリア。あとは本番で弾けるのみ

折れない精神( ココロ)

折れない精神(<br />
 ココロ)
午後一時、予定通り宿を出て帰路につきました。
今回の合宿は技術よりも心の鍛練に重点をおいたもので、二年生は今後港○中の代表として、港○中の道着を着て、勝負に挑むという強い気持ちの育成、一年生はいかにして二年生に追い付いて行くか、という意識の醸成が目標だったが、だいたい達成することが出来たと思います。
顧問の情熱と保護者方の理解と協力に感謝し、この合宿が有意義に終わったことを報告します。

最終日その2

最終日その2
いよいよ合宿の総仕上げ。校内対抗戦が行われた。
生徒の顔は皆真剣そのもの。
合宿の最後の講評では、応援に来て下さった他校の先生から、『君達の練習内容を私の中学の生徒に伝えたら、驚きの声があがり、それを刺激に頑張り出しました。あなたたちの練習は県下でもトップクラスです。自分の力を信じて頑張って下さい』との激励の言葉をいただいた。
この言葉が今回の合宿の集大成と言えるでしょう。
みんなよくやった。

山梨合宿四日目( 最終日)

山梨合宿四日目(<br />
 最終日)
快晴。
午前六時起床。
午前六時半から、いつものように湖畔までジョギング。
清々しい朝の空気を吸って朝から全開。
ただし生徒の顔には初日のような不安感はない。
充実した面持ちで朝の訓練を終了。
残すは午前練のみ。

三日目花火大会

三日目花火大会
いよいよ合宿の最大イベント。大花火大会の開催。
河口湖湖畔まで行って、大騒ぎ。
夏の日のいい思い出になりました。
稽古も遊びも一生懸命な港○中柔道部の生徒たちでした。

三日目その3

三日目その3
午後の練習のテーマは『高い意識を持ち、自分を追い込む練習』だった。
青畳に自分の全てさらけだす練習をさせた。
当然のことながら、泣きながら稽古する者が続出。顧問も私たちも真剣に殺気だった稽古を続けた。
しかし彼らはメゲズについて來たので、非常にいい練習であった。
流した涙と汗は必ずむくわれる。
頑張れ港○中柔道部!

三日目その2

三日目その2
午前中のメニューは寝技の研究。
入り方、返し方の反復練習に加え、三年生が体得している『技』を披露する等熱心に取り組んでいた。
その後、トレーニングをやって午前中は終了。
応援の保護者も生徒のために万全の給水体制で支援をしてくれました。
生徒たちも感謝していると思います。
親にこれほど期待されている彼等は、精一杯頑張ってくれるでしょう。
午後は立ち技中心のメニューなので、最後の踏ん張りを期待したい。

山梨合宿三日目

山梨合宿三日目
いつものように午前六時起床。
快晴。生徒の心は曇天(笑)朝の体操から湖畔ランニングの開始。
疲れのピークの生徒もちらほら。
朝から叱咤激励しながら、トレーニングを終え、朝食。

二日目おまけ

二日目おまけ
午後八時から、道場でルール及び技の名称の勉強会だった。
外では湖上花火大会の真っ最中。
ドンドンとお腹に響く音に夏の風物詩を感じる。

二日目その3

二日目その3
午後は一時過ぎから自主的に午前中の練習内容の反復稽古が行われた。
貴重な時間なので時間前に現れた指導陣も真剣そのもの。
私も指導者の端くれとして、熱血指導に明け暮れた。さらに今年は例年以上に保護者のバックアップが充実していて、休日にも拘らず多数のお父さんお母さんが差し入れを持って激励してくれた。
生徒も指導者も感謝で一杯です。
ただこの暑い最中、一生懸命練習しているご子息、ご令嬢の姿を一目みていただければ、子供さんに対する考えも変わるくらい皆一生懸命です。
それ位彼らも真剣ですし、指導者も真剣です。
公立中学がそこまで、と言われるかもしれませんが、真剣に柔道に打ち込みたい生徒がいる限り、顧問と一緒に頑張り、彼らに夢を持たせ、我々も夢を見たいと思っています。
合宿も明日から後半。けがなく乗り越えさせたいと思います。
PS我が娘、体重に苦しみながらも、まずまずの仕上がり。あとはつまらない怪我に気を付けて頑張るだけです。

二日目その2

二日目その2
9時から練習開始。
寝技とトレーニングをみっちり1時間半。
わざわざたくさんの保護者が激励に駆け付けてくれた。
お昼はうどんと混ぜご飯。疲れたからだにはやさしい食事で、生徒も美味しそうに食べていた。
午後は立ち技中心のハードメニュー!
頑張れ、港○中柔道部。

山梨合宿二日目

山梨合宿二日目
午前六時起床。
六時半から体操。湖畔までジョギング。
帰りはダッシュ!
朝からいい汗を流しています。
朝食は辛そうな者もいましたが、食べるのも訓練。
朝から全開頑張れ。

山梨合宿一日目

山梨合宿一日目
いよいよ今日から、三泊四日の日程で、合宿が始まった。
朝学校に集合し、貸しきりバスで一路河口湖へ。
昼前に宿に入り、午後から稽古開始。
顧問・コーチの他に複数の指導者やOBか駆け付け、初日から充実した稽古が行われた。
この合宿からは2年生が主体となっての練習に切り変わったが、無理もないがまだまだ意識は低い。
早く中心になって下級生を引っ張って欲しいものだ。三年生を含めた関東大会出場選手は、それぞれ目標を持って取り組んでいたようだった。
明日も暑いだろうが、こんな素晴らしい環境で練習出来ることを親に感謝し明日を迎えて欲しい。
PS我が娘も大会に向けて、少しは成績を残したい、という気になったのか、まあまあの稽古だった。
明日もそれを維持して行って欲しい。

関東中学柔道大会対戦相手決定

関東大会の対戦相手が決まった。
9日の女子団体は、一回戦で東京代表の藤◎女子。
相手に不足なし。思い切り実力を発揮して欲しい。
10日の個人戦。
男子90キロ超×山選手は、一回戦で千葉勝●北中の吉×選手。
どんな相手だかはデータがなく不明。
当日偵察するしかないだろう。
女子44キロ級坂×選手は、一回戦で山梨竜◎中の田×選手。
こちらもデータなし。
ただ竜◎中は団体戦も出ているので、田×選手が団体戦のメンバーなら、前日に戦いぶりが見られるかも知れない状況である。
もしそこを勝ち抜けたとしたら、次は多分埼玉東松◎中の犬×選手。
この選手とは、3月に鶴見杯で対戦し、引き分けに終わっているので、再戦できれば、楽しみな試合になりそうである。
いずれにしろ、選手は最善を尽して、港○中柔道部の名声を、関東に響かせて欲しいものだ。
頑張れ!港○中柔道部!

応援幕

応援幕
昨日は久々のオフ。市大会予選から三週間余り、ぶっとおしの日程を消化し一日だけの休みになった。
選手は基より指導、引率の顧問の先生には頭が下がる想いです。
先生の労苦に報いるためにも、明後日からの合宿、本大会と調子を揚げて行って欲しいものだ。
さらに私はまだ実物は見ていないが、関東大会出場を記念し、学校の正門を入ってすぐの体育館前に出場選手名入りの応援幕が掲示されたみたいで、写真を送ってもらった。
明日実物を見る機会がありそうなので楽しみである。選手は励みになるだろうし、他の者も刺激を受けて欲しい。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »